ここから本文です

【レスリング】69キロ級・土性沙羅も逆転金!日本3階級制覇

東スポWeb 8月18日(木)8時7分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ17日(日本時間18日)発】レスリング女子69級決勝で、土性沙羅(21=至学館大)がロンドン五輪72キロ級金メダリストで昨年の69キロ級世界王者のナタリア・ボロベワ(ロシア)を逆転で下し、金メダルを獲得した。

 口頭注意を3回取られる苦しい展開だったが、第2ピリオド残り30秒、0―2の場面で一瞬のスキを見逃さず相手を背後から捕らえ2点を獲得。同点の場合はビッグポイントが有利なため、勝利した。

 これで48キロ級・登坂絵莉、58キロ級・伊調馨と合わせ、レスリング女子で日本は3階級を制覇した。

 土性の話「本当にうれしいというのが率直なところ。これまで支えてくれた方のおかげです。涙が出ました。勝ったら(栄)監督を肩車しようと決めていた。(残り30秒から逆転)最後まで諦めずにやろうと決めていた」

【プロフィル】どしょう・さら 1994年10月17日生まれ。三重県出身。吉田沙保里も所属していた一志ジュニア教室でレスリングを始め、2004年から全国少年少女選手権を3連覇。11年には世界ジュニア優勝を果たした。世界選手権では13年から3大会連続(銅、銀、銅)のメダルを獲得中。159センチ。

最終更新:8月18日(木)8時30分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]