ここから本文です

Jamie Lidell、lニュー・アルバム『Building A Beginning』の日本先行発売が決定

CDジャーナル 8月18日(木)18時31分配信

 エクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージックを出自としながらも、圧倒的なセンスでオーガニックなソウル・シンガーへと変貌を遂げ、幅広いフィールドからのプロップスを得てきた鬼才・Jamie Lidellが、2013年のセルフタイトル作以来約3年ぶりとなるニュー・アルバム『Building A Beginning』をリリース。ボーナス・トラックを追加収録した国内盤(TRCP-207 2,100円 + 税)が、世界に先駆け10月12日(水)日本先行発売。

 “素晴らしい曲を書くこと”をテーマに制作されたという本作には、Roy Hargrove率いる“THE RH FACTOR”やJohn Mayerのトリオ、数々のミュージシャンのサポートとして活躍し、近年ではD'Angelo率いる“THE VANGUARD”の一員としても知られる名ベーシストPino Palladinoをはじめ、Jack WhiteバンドのドラマーDaru Jones、WILCOのPat Sansone、Miles DavisやRaphael Saadiとの共演で知られる鍵盤奏者Deron Johnson、Chaka Khanのバッキング・ヴォーカルを務めるTiffany Smith、今年5~6月の来日公演が盛況となった盟友・MOCKYことDominic Saloleといった豪華面々が参加。これまで以上にソウルフルな仕上がりになっているとのこと。なお、歌詞は全曲妻・Lindsey Romeとの共作となっており、生まれたばかりの息子の名前を冠した楽曲「Julian」も収録。“家族”への思いも込められた内容となっているようです。

 なお、アルバムから1stシングル「Walk Right Back」のリリック・ビデオがYouTube(youtu.be/ILWNsHgKO0Y)にて公開されています。

最終更新:8月18日(木)18時31分

CDジャーナル