ここから本文です

「ある愛の詩」アーサー・ヒラー監督が死去

映画.com 8月18日(木)13時30分配信

 [映画.com ニュース] 「ある愛の詩」(1970)などで知られる、カナダ出身のアーサー・ヒラー監督が8月17日(現地時間)、米ロサンゼルスで老衰のため死去した。92歳だった。

アーサー・ヒラー監督作品一覧

 1923年、カナダ・エドモントンに生まれたヒラー監督は、第2次世界大戦中はカナダ空軍に所属、終戦後に大学を卒業し、カナダのラジオ局でキャリアをスタートさせた。その後、50~60年代初頭にかけて米国のテレビ界でドラマ演出を多数手がけ、57年に「The Careless Years(原題)」で映画監督デビューを果たした。

 代表作「ある愛の詩」は、エリック・シーガルの小説をもとに身分の異なる男女のラブロマンスを描き、大ヒットを記録。同作はアカデミー賞で作品賞・監督賞を含む7部門にノミネートされ、ゴールデングローブ賞の監督賞に輝いた。ヒラー監督はその後もコメディやラブストーリー、ミュージカルなど幅広いジャンルを手がけ、アクションサスペンス「大陸横断超特急」(76)や伝記ドラマ「夢を生きた男 ザ・ベーブ」(92)などのメガホンをとった。06年のコメディ「Pucked(原題)」が最後の監督作となった。

 89~93年に全米監督協会(DGA)の会長を、93~97年にはアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーの会長を務め、長年にわたる映画界への貢献に対し、02年にアカデミー賞でジーン・ハーショルト友愛賞が贈られた。

 米バラエティによれば、「ある愛の詩」の主演女優アリ・マッグローは「アーサー・ヒラー監督は、私の人生の中でもっとも大切な経験と深く結びついています。すばらしく、才能にあふれ、寛大な人物でしたので、非常にさびしく思っています」と追悼コメントを寄せている。

最終更新:8月18日(木)13時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。