ここから本文です

トム・ヒドルストン、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』カメオ出演シーンをカット!?

cinemacafe.net 8月18日(木)16時30分配信

トム・ヒドルストン扮するロキがカメオ出演したシーンが2015年作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』からカットされていたことが明らかになった。

【写真】トム・ヒドルストン/フォトギャラリー

事の発端は同作品のテスト試写会に参加した観客たちが、ロキがウルトロンを操作していると勘違いしたことにあったそうだ。トムはヴァラエティのインタビューに「テスト試写会を行ったときに、観客たちが『わあ、ロキがウルトロンを操作してる!』って思ったそうなんだ」「(マーベルの会長)ケヴィン・フェイグをはじめとするマーベル側の人たちは『え、彼は違うよ』って感じだったね。だから彼らはロキが登場すると観客を困惑させることになると思ったみたいなんだ」と話す。

そんなトムは新作『Thor: Ragnarok』(原題)の中で再びロキを演じているのだが、「古い友人に会った」ような感覚がしたと続ける。「再びロキを演じるのは最高だよ。1週間だけしか撮影していないけど、とても楽しいね。3年半、このキャラクターを演じていなかったし、脚本もとてもいいんだよ。監督のタイカ・ワイティティも素晴らしいしね。まだいくつかのシーンしか撮影していないけど、ただ最高に楽しいね。古い友人に会ったような気分さ」。

その一方でトムは以前、『Thor: Ragnarok』(原題)を最後にロキ役を降板することもほのめかしていた。

またトムは新作『Kong: Skull Island』(原題)にも登場することになっており、同作品の中ではいままでとまったく違った役どころを演じるトムを見ることができるはずだ。

(C) BANG Media International

最終更新:8月18日(木)16時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。