ここから本文です

【北九州記念】オウノミチ意欲走 折り合って軽快に加速

デイリースポーツ 8月18日(木)6時3分配信

 「北九州記念・G3」(21日、小倉)

 行きたがることなく、しっかりと折り合ってスピードアップした。栗東坂路を単走したオウノミチが、ぬかるんだ馬場状態のなか4F53秒0-38秒7-12秒8を計時。軽快に動いた。「いいと思う。変わりなく来ていますね。掛かっていないし、イメージ通りの時計でした。予定した追い切りができました」と佐々木師はうなずく。

 これまでは両膝の弱さから使い込むことができなかったが、「ここに来てようやく普通の状態になってくれた」と、着実に不安解消へと向かっている。格上挑戦だった前走のバーデンバーデンCをV。「あの荒れ馬場をこなしたのは大したもの。その後、疲れは出ましたが、放牧を挟んでいい状態になりました」と師は胸を張り、「ここでどんな走りをするかによって進路が決まりますね」と重賞初挑戦に意欲をのぞかせていた。

最終更新:8月18日(木)7時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。