ここから本文です

イーストウッド新作「ハドソン川の奇跡」、歴史的瞬間がポスターに

映画ナタリー 8月18日(木)11時0分配信

2009年1月に米国ニューヨークで実際に起きた航空機事故を題材にしたクリント・イーストウッド監督作「ハドソン川の奇跡」の日本版ポスタービジュアルが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、トム・ハンクス演じる機長サレンバーガーが、とっさの判断で乗員乗客全員の命を救い大惨事を回避しながらも、調査委員会から追及を受けて“容疑者”にされていくさまを描くヒューマンドラマ。日本オリジナルのポスターには、ロイターのピクチャーズ・オブ・ザ・イヤーほか多くの賞に輝く“歴史的瞬間”の報道写真を再現したワンシーンが採用された。ビルが並ぶマンハッタンの街をバックに、不時着した飛行機の翼の上に乗客が立つ様子が切り取られている。

イーストウッドは「この出来事は、9.11のあとに起きた。ニューヨークが本当に落ち込んでいたときで、経済も最悪なときだった。そんな人々に、何か精神を高揚させるものがもたらされた。そして、彼ら全員がハドソン川の真ん中で飛行機の翼の上に立つ情景が、その年の“ピクチャーズ・オブ・ザ・イヤー”になったんだ」とコメントを寄せた。

「ハドソン川の奇跡」は、9月24日より東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にてロードショー。



(c)2016 Warner Bros. All Rights Reserved

最終更新:8月18日(木)11時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。