ここから本文です

【札幌記念】ヌーヴォレコルト好反応 モーリス倒して世界進出だ

デイリースポーツ 8月18日(木)6時3分配信

 「札幌記念・G2」(21日、札幌)

 グリップの利いた走りで、含水量の多い札幌芝をしっかりと捉えた。ヌーヴォレコルトは17日、ブラックブリーズ(4歳1000万下)を5馬身追走し、5F68秒0-37秒9-11秒9で3馬身先着。「いい反応でしたね。馬場は重かったけど大丈夫」。武豊の騎乗停止により、重要な代役が回ってきた吉田隼は力強くうなずいた。

 引き揚げてきた愛馬に斎藤誠師が視線を送る。「体はいつものヌーヴォですね」。馬体重が増え、豊富な筋肉をまとっていた今春の大阪杯、クイーンエリザベス2世Cはともに6着。陣営はひとつの結論を下した。「春は太かった。すっきり見せた方がこの馬は走る」。今回は前走時の462キロより10キロ近く絞り込んだ。

 BCフィリー&メアターフ・米G1(11月5日・サンタアニタ)を見据え、同じ洋芝の札幌記念を前哨戦に選択。「走ると思いますよ」と適性に自信をのぞかせる。米遠征後は暮れの香港へ転戦を予定。「強いのが1頭いるけど、二千なら付け入る隙はある」。打倒・モーリスを果たして意気揚々と世界へ旅立つ。

最終更新:8月18日(木)7時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。