ここから本文です

【トヨタ パッソ / ダイハツ ブーン 新型】六角形がキーワードで内外装のデザインをリンク

レスポンス 8月18日(木)10時45分配信

トヨタ『パッソ』とダイハツ『ブーン』のインテリアは、使いやすく機能的で、かつ軽快感と広々感を意識してデザインされた。

[関連写真]

軽快感について、ダイハツ工業デザイン室第1デザイン室東京デザインの河合徳明さんは、「インパネを上下に分割することによって厚みを見えにくくしている」と話す。そこに加え、ダイハツ工業デザイン部第1デザイン室東京デザイン課長の清水幸治さんは、「インパネのアッパー部分にのみ色を使うことで広さを感じてもらえるだろう」と述べる。

また、機能的なことでは、河合さんはパッソ・ブーンの特徴である大きな物入れを挙げる。「初代は助手席前にあり、先代はセンターに大きなトレイがあった。そういう良いところを継承しながらデザインした」と説明。

また、内外装には“六角形”が多く使われている。これも「広がり感やワイドさを感じさせるものだ」清水さんはいう。「広がり感やワイド感を表現するためには、六角形のようにいくつかの角があることによって、方向性が出て来るので、人間の目が動き広さを感じやすい。そこで、パッソモーダとブーンシルクは、六角形のフロントグリルを採用した」とし、これは室内も同じで、「センタークラスターに六角形のナビ等の操作パネルを置き、両端に丸いエアコンの吹き出し口を置くことで広がりを見せている」という。

因みに河合さんによると、内側の六角形と外側の丸は、内外装のリンクも指しており、「グリルの角ばった形と隅にランプを配置しているイメージを内装でも感じさせているのだ。左右のヘッドライトがエアコンの吹き出し口という意味だ」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:8月18日(木)10時45分

レスポンス