ここから本文です

「GANTZ」文庫版最終巻で、奥浩哉のサイン入り複製原画を30名に

コミックナタリー 8月18日(木)11時5分配信

奥浩哉「GANTZ」の文庫版17巻と最終18巻が、本日8月18日に同時発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

最終巻の刊行を記念し、集英社は「GANTZ」の複製原画に奥のサインを入れて30名にプレゼント。応募方法の詳細は、18巻の帯もしくは「GANTZ」シリーズの公式Webサイト「GANTZ:X」にて確認しよう。なおプレゼントされる複製原画を決める読者投票が、現在「GANTZ:X」にて行われている。

「GANTZ」は死んだはずの人々が、謎の球体・ガンツによって再生させられ、迫り来る謎の敵と戦う姿を描いたSFアクション。10月14日には人気の高い「大阪編」を3DCGアニメ化した映画「GANTZ:O」が公開される。

最終更新:8月18日(木)11時5分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。