ここから本文です

朴大統領 来月4~5日に訪中=首脳会談の有無に注目

聯合ニュース 8月18日(木)11時5分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が来月4~5日に中国・杭州で開催される20カ国・地域(G20)首脳会合に出席する。青瓦台(大統領府)が18日発表した。

 朴大統領の訪中は、中国が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に強く反対する中での訪問となる。

 このため、朴大統領が習近平国家主席と首脳会談を行い、THAAD問題をめぐる解決の糸口を探るのかどうか注目される。

 青瓦台は同日、報道資料を通じ「朴大統領はG20首脳会合で各国首脳と共に今年の首脳会合のテーマである『革新、活力、包括的な世界経済の建設」に向けG20の政策協調策を議論し、韓国経済に与えるグローバル懸案問題について韓国の立場を示す予定だ」と説明した。

 また、朴大統領はG20首脳会合出席後の来月7~8日にラオス・ビエンチャンで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため、同8~9日に同国を公式訪問する。

最終更新:8月18日(木)11時47分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。