ここから本文です

プリンセス・クルーズ、熊本県八代港で震災復興支援イベント 9月15日

レスポンス 8月18日(木)11時45分配信

プリンセス・クルーズは、9月15日に熊本県八代市へ初寄港する、日本発着クルーズにおいて、熊本地震復興支援イベント「チャリティ・ウォーク」を実施すると発表した。

[関連写真]

プリンセス・クルーズは、17隻の近代的な客船を運航する世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を上質のサービスとともに提供。年間170万人のゲストを世界中の目的地に向けて運航している。

チャリティ・ウォークの対象となるのは、9月9日に横浜を出発する「日本の美 瀬戸内海・名城の地めぐりと韓国 9日間」。船上の外周デッキで行われる3kmのウォーキングに参加した乗客から、1人15米ドルからの寄付を募り、プリンセス・クルーズ・コミュニティ財団が集まった寄付金と同額を追加した上で、日本赤十字を通して熊本県に寄付する。チャリティ参加者には、熊本県と八代市から特別に提供されたオリジナルくまモンクリアファイルと缶バッジをプレゼントする。

当日は、くまモン復興シンボルマークと熊本への応援メッセージ、さらに船内のゲストや乗務員の寄せ書きが書かれたビッグフラッグを船体に掲げ、八代港に入港予定。その後、初入港のウェルカムセレモニーも予定している。さらにチャリティの一環として被災地の子どもたちを船内に招待、プリンセス・クルーズのオリジナルTシャツをプレゼントし見学会を実施する。出港時にはくまモンが登場。地元秀岳館高校の生徒による雅太鼓の演奏ととともに華やかに船出を見送る。

プリンセス・クルーズは、熊本地震被災者へめの義援金として、日本赤十字社を通じて200万円の寄付を実施しており、今回の活動はそれに続く2回目の活動となる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月18日(木)11時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。