ここから本文です

文句なしのイケメン揃い!このK-POP美形スターたちをアナタはまだ知らない!?

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/18(木) 18:13配信

“K-POP番長”のニックネームでも知られるライター・まつもとたくおが、旬のK-POP美男子を紹介。今回はアイドルのなかから厳選したナイスガイたちをご覧ください。

イケメンたちの画像はこちら

「好みのタイプ」や「恋人にしたい」という視点ではなく、アーティストとしての魅力がルックスの良さを際立たせているタイプを中心に揃えました。

女性からすると「?」と思う人も多少入っているかも知れませんが、そのあたりは大らかな気持ちで見ていただけると助かります。

----------

■ジュン(SEVENTEEN)/ルックスもダンスも飛びきりシャープな美男子

基本的には今後の活躍が期待されるアイドルからセレクトしようと思ったものの、現在ブレイク中のSEVENTEENは例外としてでも紹介すべき存在。

2015年5月に登場したこのグループは13人と大所帯。ボーカル、パフォーマンス、ヒップホップと3つのチームで構成されており、それぞれの長所を生かしつつもまとまりのある華やかなパフォーマンスが最大の売りです。

このなかでおすすめのメンバーは、ヒップホップチームに所属する中国出身のジュン。2PMのニックンを少年っぽくしたような甘いルックスの持ち主で、なんとなくもの静かなタイプに見えます。

ところがステージに出るとキレの良い豪快なダンスを披露。デビュー曲「Adore U」を観ておわかりのとおり、ダンスはメンバー自ら作っているせいか、プロの振付師には出せないラフさと勢いがあり、それが強烈な個性になっています。

とにもかくにも、冒頭に登場するジュンのカッコ良さにノックアウトされてください!


■少年24/人気サバイバル番組で勝ち抜いた精鋭24人がまもなく登場

韓国ではここ数年、テレビのオーディション番組が注目を集めています。最近はアマチュア参加型だけでなく、芸能事務所の練習生や元アイドルなどを集めて優秀者にデビューのチャンスを与える番組も人気があります。

2016年6月から放送されている「少年24」もそのひとつで、5,200人を超える応募者のなかから候補者をセレクト。そこで選ばれた24人が「少年24」というボーイズグループとなってデビューできるというわけです。

「Rinsing Star」というワイルドなダンスポップは、同番組がスタートした直後にリリースされたPRソング。ミュージックビデオで歌い踊る候補者をチェックする限り、相当レベルの高いイケメンが揃っているようですが、この原稿を書いている時点では選考中のため、最終的に誰が残るのかはわかりません。

したがって「少年24」の候補生をまるごと「注目の美男子」としてプッシュしたいと思います。決定メンバーはミョンドンの専用劇場で秋から毎日ライブを行うそうで、日本を含む海外での活動も計画中だとか。先物買いしてみてはいかがでしょうか?

■チョン・インソン(KNK)/すっきりとした顔だちとシャープなダンスで魅了

残念ながら日本での知名度は低いボーイズグループ・KNK(クナクン)。それもそのはず、2016年3月にデビューしたばかりで、韓国でもまだまだこれからのニューフェイスです。

メンバー全員のルックス&スタイルは合格点に達していると思います。とはいえ、あえてひとり選ぶとすれば、チョン・インソンでしょうか。1994年7月1日生まれということで、現在22歳。清涼感たっぷりの歌声と長い手足をフルに使った勢いのあるダンスがセールスポイントです。

今回ご紹介する「KNOCK」はKNKのデビュー曲。初期の東方神起を思わせるワイルドなダンスポップで、新人としては健闘しているほうですが、ヒットには至りませんでした。

ミュージックビデオの冒頭でソファに寝そべっているのがインソンで、顔だちは少年のようにあどけなく、時折見せる寂しそうな表情は俳優の松田翔太に似ているような気がします。

■ヒョンギョン(ROMEO)/日本でもブレイクの兆し。今押さえておくべきイケメン

このROMEO(ロミオ)という名前の7人組は、2015年5月にデビュー。海外進出に意欲的で、日本では3枚目のミニアルバムがタワーレコード渋谷店のデイリーランキングで1位を獲得し、つい最近も来日して単独イベントを行うなど、今後のブレイクが期待されます。

この注目のグループのなかで最もイケメンだと思うのは、ヒョンギョン。デビュー曲「かわいいから」ミュージックビデオの冒頭の集団ショットでセンターに座るのが彼です。

今まで汗をかいたことがないんじゃないかと思うほどツルツル&スベスベな顔だちで、日本の芸能人で似たタイプは正直なところいませんが、強引に表現してしまうと、嵐の大野 智からV6の三宅 健へモーフィングする途中の顔……と言っても誰も理解できませんよね。

とにかく私がプッシュするだけでなく、現地のファンの間でもいちばん人気みたいなので、フレッシュなボーイズに目がない方はとりあえず押さえておきましょう。

■チャ・ウヌ(ASTRO)/同性もうらやむ美男子ぶり。今年の注目度No.1

「華やかにやらないとアイドルじゃない!」と言わんばかりに王道のアイドル路線を迷わず突き進むASTRO(2016年2月デビュー)。

「星」という意味のグループ名には、「愛するみんなと一緒に夢を見て、輝く星になりたい」という意味が込められているそうです。ということで6人のメンバーはいずれもキラキラしていて王子さまのよう。

かつて子役として活躍していたり、ドラムやビートボックスが得意だったりと、それぞれの特徴や魅力がはっきりしているので、今後大ブレイクする可能性は十分にあると思います。

このなかでルックス的に注目すべきメンバーは、チャ・ウヌ。このプロモーション映像の冒頭でサインをしながらしゃべっている爽やかな男性が彼です。なんとなく俳優の岡田将生を思わせるイケメンぶり。

「これなら日本でもすぐに人気がでそう」と思っていたら、先日出た2ndミニアルバムのタワーレコードでの売り上げが好調とのこと。そろそろ本格的な日本活動を開始するかもしれませんね。

TEXT BY まつもとたくお

最終更新:8/18(木) 18:13

M-ON!Press(エムオンプレス)