ここから本文です

本紙既報通り「ベッキー番組」打ち切り 内村は言及せずテロップ表示だけ

東スポWeb 8月18日(木)11時20分配信

 お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(52)とタレントのベッキー(32)が休業するまでMCを務めていた日本テレビ系バラエティー番組「真実解明バラエティー!トリックハンター」(水曜午後7時~)が、17日の2時間スペシャルで最終回となることがわかった。本紙は7月29日付で同番組の打ち切りを報じていた。

 ベッキーは不倫騒動の影響で、同番組を含む地上波のレギュラー番組全9本を休演中で、番組打ち切りは今回が初。復帰はかなわなかった。

 この日の放送エンディングで「これまで御視聴いただきありがとうございました」とテロップが表示されたが、内村は終了について言及しなかった。番組ホームページにも、放送予定の欄に同様の記述がある。ラテ欄などに事前の告知がないまま番組が終わるのは異例。

 ネット上では「今日で終わったのを全く知りませんでした」と驚く書き込みや「スマスマが終わる~って話題になってる裏でトリックハンターがひっそりと終わっていった」と、この日発表されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」の年内終了に絡めた書き込みがあった。

最終更新:8月18日(木)11時36分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。