ここから本文です

森岡龍、新井浩文は「本当に恐ぇ」…黒木華も「やばいのかと思った」

cinemacafe.net 8月18日(木)20時30分配信

日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞『舟を編む』の渡辺謙作が監督を務めた『エミアビのはじまりとはじまり』の舞台挨拶付きプレミア上映が8月18日(木)、ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、渡辺監督のほか、出演する森岡龍、前野朋哉、黒木華、山地まりが登壇した。劇中でコンビを組んでいる森岡さんと前野さんは、漫才コンテスト「M-1 グランプリ 2016」で1回戦を突破したときのネタを披露し、会場をわかせた。

【画像】舞台挨拶の様子

『エミアビのはじまりとはじまり』は笑いがつなぐ希望と再生のファンタジック・ヒューマン・ストーリー。人気上昇中の漫才コンビ「エミアビ」の片割れ・海野が、ある日突然自動車事故で死んでしまう。つらい現実に直面した相方の実道は、もう1度心から笑い、再度ステージに上がるために、もがく。

「エミアビ」のマネージャー役を担当した黒木さんは、渡辺監督とは『舟を編む』以来、2度目のタッグとなった。渡辺監督は「普段の黒木さんのままでいてくれと言った」とポスター写真の黒木さんのパンダメイクを横目に発言すると、黒木さんは「普段の私じゃないですけど。服が一緒なだけでしょう」と関西弁で突っ込んでいた。黒木さんはこの日に行った「エミアビ」のネタ披露については、「面白かったです、普通に」と称賛するかと思いきや「100点満点中50点くらい。なんか頑張ってるなって思って」と辛口。ネタ内容が血などが出るものだったために「テレビで放送できない」とマネージャー目線で厳しく評価していた。

そんな黒木さんと森岡さんの最初のシーンは、新井浩文も一緒だったという。黒木さんは「森岡さんが椅子にこういう(呆然とした)感じで座っていて、この現場はやばいのかなと思った(笑)」と話すと、森岡さんは「新井さんにコテンパンにされています。芝居なのかどうなのか、っていうくらい追い詰められて。監督もOKを出さないし、新井さん本当に恐ぇし…」と、戦々恐々としていたと告白。だが、森岡さんは「間違いなく、この映画で俳優としての覚悟を新たにさせていただきました」と胸を張り、自信作とアピールしていた。

『エミアビのはじまりとはじまり』は9月3日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー。

最終更新:8月18日(木)20時30分

cinemacafe.net