ここから本文です

平昌冬季五輪のボランティア志願者 4万人超える

聯合ニュース 8月18日(木)11時56分配信

【平昌聯合ニュース】2018年に韓国・江原道で開催される平昌冬季五輪・パラリンピックのボランティアの志願者が増えている。

 ボランティアは、大会組織委員会のボランティアと江原道のボランティアに分かれ、組織委は先月1日から、江原道は同15日から募集している。応募締め切りはいずれも来月30日。

 組織委のボランティアは定員の2万2400人をはるかに上回る4万3000人余りが応募した。来月の締め切りまで志願者がさらに増える見込みだ。

 組織委のボランティアは審査を経て採用される。1年以上の教育と訓練を受け、競技場、選手村、メディア村、空港などで活動する。

 一方、江原道のボランティアの志願者はまだ定員に達していない。定員2200人に対し、現在1296人の応募にとどまっている。

 江原道のボランティアは、五輪競技が開催される同道の平昌郡、江陵市、旌善郡でのみ募集しているが、道内のほかの市・郡でも募集を行う計画だ。

最終更新:8月18日(木)14時9分

聯合ニュース