ここから本文です

海上保安庁、自律型海洋観測装置を導入---リアルタイムな把握

レスポンス 8月18日(木)13時2分配信

海上保安庁は、「自律型海洋観測装置(AOV)」を導入し、日本で初めて海象・気象情報の網羅的な観測を開始する。

[関連写真]

AOVは、太陽光発電や波の力を使って無人で長期の海洋観測を実施できる環境に優しい海洋観測機器。AOVを使用し、海洋観測網を構築することで、海象、気象情報を継続的・長期的に観測することができ、観測結果をリアルタイムにホームページ上で提供する。これによって航海安全のための基礎情報の充実を図る。

船舶の運航やマリンレジャーでの海上の安全確保には、海況、流れ、風、波浪などの様子を把握することが重要だが、海上では常時観測データが不足している。

自律型の海洋プラットフォームであるAOVを主に西日本海域を管轄する第七・八・十一管区海上保安本部にそれぞれ2台配置する。複数台を同時に使用することで日本で初めて海象・気象情報を網羅的に観測し、観測結果をリアルタイムにホームページで提供する。

これによって海の流れ、海水温や波浪、海上の風・気温・気圧などを把握、海難事故の未然防止に役立てていく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月18日(木)13時2分

レスポンス