ここから本文です

テコンドー女子で金メダル 男子でも銅=リオ第13日

聯合ニュース 8月18日(木)12時32分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第13日の17日、韓国代表はテコンドー女子49キロ級で金昭熙(キム・ソヒ)が金メダルを獲得した。韓国としては7個目、テコンドーでは最初の金メダルとなった。また、テコンドー男子58キロ級で金太勲(キム・テフン)が銅メダルを獲得した。

 五輪初出場の金昭熙は女子49キロ級決勝でセルビアのティヤナ・ボグダノヴィッチと対戦。7―6で破り、金メダルに輝いた。

 金太勲は男子58キロ級3位決定戦でメキシコのカルロス・ルベン・ナバーロ・バルデスを7―5で下し、銅メダルを手にした。

 ゴルフ女子は第1ラウンドが行われ、朴仁妃(パク・インビ)と金世ヨン(キム・セヨン)が5アンダーで2タイにつけた。田仁智(チョン・インジ)は1アンダーで29タイ、梁熙英(ヤン・ヒヨン)は2オーバーで39位タイ。

 韓国は18日午前11時現在(日本時間)、金メダル7個、銀メダル3個、銅メダル6個で、国・地域別11位となっている。

最終更新:8月18日(木)14時7分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。