ここから本文です

山口茜 奥原に全力出し切るも逆転負け…いつも一緒の“先輩”を「乗り越えないと」

デイリースポーツ 8月18日(木)6時3分配信

 「リオ五輪・バドミントン・女子シングルス・準々決勝」(16日、リオ中央体育館)

 世界ランク12位の山口茜(19)=再春館製薬所=は、同6位の奥原希望(21)=日本ユニシス=に逆転負けを喫した。全力を出し切っての敗戦だったから、悔し涙があふれ出た。「笑って終わるのは難しかったけど、自分らしく戦えたと思う。奥原さんが強かった」。一言一言をかみしめながら、完敗を認めた。

 これまで勝ったことのない先輩を相手に、「後半にバテれば、それまでだと思った」と、最初から全力でぶつかった。第2ゲーム序盤まで流れをつかんでいたが、そこからは奥原に揺さぶられ、最後は足が止まった。

 またも壁を乗り越えられず「自分では意識してないけど、日本人だし、先輩だし、部屋も一緒だし…。どこかにあるのかもしれない。乗り越えないと」と唇をかんだ。そしてメダルに挑む奥原には「思いは託さなくても、きっとやってくれる」とエールを送った。

 19歳で8強入りは胸を張っていい。バドミントンが盛んな福井県勝山市出身。人口2万6000人の小さな街が生んだヒロインは「4年後ここに戻ってきたいじゃなく、また次の試合から勝てるように頑張る」と前を向いた。

最終更新:8月18日(木)7時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]