ここから本文です

ITの力で“漆黒”の質感を再現 NECは「漆プラスチック」をどう開発したか

ITmedia エンタープライズ 8月18日(木)9時1分配信

 400年以上前に、欧米の貴族を魅了した「漆文化」を再び世界へ――。

 NECと京都工芸繊維大学は8月17日、非食用植物が原料の「セルロース樹脂」を使い、漆器の色合いを表現したバイオプラスチックを開発したと発表した。デザイン性という新たな価値を加え、バイオプラスチックの一層の普及を目指していくという。

【画像:漆器の色合いや質感を備えたバイオプラスチック】

 今回開発したプラスチックに使用しているセルロース樹脂は、わらや木材、カシューナッツの殻などに含まれる繊維を主成分としている。石油からプラスチックを生成する場合と比べて、二酸化炭素の排出量や環境への負荷が少ないことからニーズが高まっているというが、それでも課題は残っているという。

 同日行われた記者発表会では、同社IoTデバイス研究所 所長の津村聡一氏が「容器や包装といった汎用製品に関しては、利用が拡大しているものの、電子機器や自動車といった耐久製品については、環境対応や耐久性(耐熱性や耐水性など)だけではコスト高の割に合わないのが現状」と新素材開発の背景を説明した。

 そこでNECが目を付けたのが“装飾性”だ。欧米のメーカーのデザイン担当者などを中心に市場調査を行ったところ、日本の伝統工芸品である漆器の色合い(漆ブラック)が高い評価を得ていることが分かり、開発を始めた。2020年に向け、日本特有の素材として認知させるよう展開するとしている。

 新たなバイオプラスチックの開発には、京都工芸繊維大学の伝統みらい教育研究センターも参加。漆芸家の下出祐太郎氏が、透明樹脂版に漆を塗って作成したモデルを基に、漆器独特の“艶”における光の反射特性などを科学的に解析した。この解析結果から、漆ブラックの光沢や明度を再現するために、樹脂に添加する成分の配合を行ったという。

 「私たちは匠の技術を“暗黙知”から“形式知”にすることを目標としています。下出さんの感覚や漆の黒をどう数値化するかが課題でした。解析の結果、艶漆塗り面は角度によって鋭く明度が変化することが分かり、その特徴に近似する関数を特定できました」(京都工芸繊維大学 伝統みらい教育研究センター長 濱田秦以氏)

●“漆黒”を数値化するというチャレンジ

 漆器は着色や塗布、表面研磨を繰り返し行うことで、極めて低い明度(漆黒)でありながら、鏡面に匹敵するレベルの光沢度を持っているのが特徴だ。表面処理をした炭素微粒子や高い屈折率を持つ有機成分を、樹脂に配合することで漆器に近い外観と光学特性を実現したという。

 通常のプラスチックと同様、ペレットを溶融して、鏡面加工した金型で成形できるため、電子機器や家電、自動車の内装や建材といった、さまざまな製品を作ることが可能だ。今後は漆ブラックに近い光学特性を追求するとともに、強度や成形性、量産化にむけて開発を進めていくとしている。

 「漆の特性について、明度と光沢度という点では数値化できましたが、漆特有の深さや温かさといった特徴はまだ数値化できていないのが現状で、下出さんの感覚による評価しかできません。今後は他の要素についても評価法を確立するとともに、赤色なども表現できるよう、研究を進めます」(同社 IoTデバイス研究所 主席研究員 位地正年氏)

●日本の「漆文化」を再び世界へ

 開発に協力した漆芸家、下出祐太郎氏もバイオプラスチックに寄せる期待は大きい。日本で発展した塗装材として漆は長い歴史があり、戦国時代から海を渡って、海外でも高い評価を受けていたという。しかし、量産化が難しく、近年は漆器や蒔絵の文化をどう継承していくかという点で大きな課題を抱えている。

 成形も自由に行える汎用的な素材として、バイオプラスチックは漆の美しさを再認識してもらえるきっかけになると下出氏は話す。

 「今回開発したバイオプラスチックに点数を付けるとしたら80点ぐらいでしょうか。まだまだ漆器に近づけられると思っています。欧米で合成塗料が生まれてからも、漆が生み出す黒は憧れの的であり、ピアノブラックのモデルとなりました。

 約470年前からヨーロッパの王侯貴族を魅了した漆器は“ジャパン”と呼ばれていました。今回のプラスチックは漆の国、日本だからこそ開発できたもの。今、満を持してもう一度、漆文化を世界に発信できるチャンスだと思っています」

 近年はデータ分析技術が進化し、匠の勘と経験、そして技術を数値化する試みは各所で行われている。それを汎用化したり、後世に伝えるだけではなく、世界へと発信していくのも重要な取り組みだろう。日本の伝統工芸を守る力として、ITの存在感はますます高まってきている。

最終更新:8月18日(木)9時1分

ITmedia エンタープライズ