ここから本文です

技と笑いが詰まってる! 鹿実男子新体操部が「ライザップ」「とにかく明るい安村」など小ネタ満載の演技を披露

ねとらぼ 8月18日(木)10時33分配信

 鹿児島実業男子新体操部が、今年も目を奪うユニークな演技をインターハイにて披露してくれました。とにかく小ネタが多すぎる……!!

【多くの人の腹筋を破壊したであろうシーン】

 鹿児島実業の男子新体操チームは、これまでもアニメ「進撃の巨人」の楽曲を使用したり、去年は「妖怪ウォッチ」をテーマにしたりと、その特徴的な内容で毎年話題になっています。

 今回は髪型を軽くモヒカンにセットし、「ウルトラセブン」の曲からスタート。テンションの上がる懐かしの曲に合わせてそろった演技を披露した後は、ポッキーCMの「シェアハピダンス」、コロコロチキチキペッパーズ、ライザップ、とにかく明るい安村など、どとうのネタラッシュ。良い意味で変わらないそのキレッキレな演技に圧倒されます。新体操ってすごい!

 男子新体操は、鹿児島実業などのチームによって一時は話題に上がるものの、いまだマイナースポーツという印象が強いといいます。日本のスポーツの祭典である「国民体育大会」の種目からも、休止という形で2008年以降外されたままなのだとか。

 わずか3分間という中に、ありったけの分かりやすいネタを詰め込む鹿児島実業をキッカケとして男子新体操が広がっていけば、彼らにとってもこれ以上ない成果といえるのかもしれません。

最終更新:8月18日(木)10時37分

ねとらぼ