ここから本文です

メダルラッシュから蚊帳の外、陸上に救世主は現れるか 麻場監督「いい流れではない」

デイリースポーツ 8月18日(木)9時21分配信

 リオ五輪に出場している陸上日本選手団の麻場一徳監督(55)は17日、選手村で5日間を終えての中間総括を行った。

 ここまでメダル0で入賞2。競泳、柔道、体操、卓球などで沸き起こるメダルラッシュの中、主要競技の中では蚊帳の外となっている。男子100メートルで準決勝に進出した山県亮太、ケンブリッジ飛鳥、男子20キロ競歩で7位入賞した松永大介、男子棒高跳びで64年ぶりの入賞(7位)を果たした澤野大地の健闘は光るが、メダルが期待された女子マラソン(福士、伊藤、田中)での惨敗や、決勝進出が期待された男子200メートルで3人(飯塚、藤光、高瀬)全員が予選落ち、男子400メートル障害の野澤の準決勝敗退など全体的には苦しい戦いが続く。

 目標のメダル1、入賞5もギリギリの状態に麻場監督は「いい流れではない。女子マラソンはメダル候補に挙げていただけに、入賞が望まれた。万全なコンディションにできなかったのは残念。200メートルも最低でも2人ぐらいは準決勝に行って欲しかった」と、苦戦を認めた。

 今後の期待種目は、昨年の世界選手権で銅メダルを獲得している男子50キロ競歩と、“史上最高”のメンバーとの呼び声高い男子400メートルリレー、男子やり投げの新井などを挙げ、「有望種目がこれから始まる。目標(メダル1、入賞5)に到達できると思わないと。指揮官としては」と、必死に前を向いた。

最終更新:8月18日(木)9時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]