ここから本文です

吉村・丹羽組が第3試合敗れ、1勝2敗 卓球男子団体

デイリースポーツ 8月18日(木)9時51分配信

 「リオ五輪・卓球男子団体・決勝、日本-中国」(17日、リオ中央体育館)

 卓球初の金メダル獲得を目指す日本は、五輪3連覇を狙う王者・中国と対戦。1勝1敗で迎えた第3試合のダブルスは、吉村真晴(23)=名古屋ダイハツ、丹羽孝希(21)=明大=組は馬龍、張継科組に1-3で敗れ、1勝2敗となった。

 第2試合のシングルスでエース・水谷隼(27)=ビーコン・ラボ=が大接戦を制した勢いそのままに、第1ゲームで、吉村・丹羽組が中国ペアを圧倒し、11-4で制した。

 しかし、ここから中国の底力を見せつけられる。第2ゲームを6-11で失うと、続く第3ゲームも一時は9-7で優位に立ちながら、4連続ポイントを奪われて、9-11で落とした。第4ゲームは互いに連続ポイントを奪い合う展開になったが、5-11で押し切られた。

 第1試合のシングルスは丹羽が0-3で敗れた。

最終更新:8月19日(金)7時41分

デイリースポーツ