ここから本文です

庵野秀明監督の妻、安野モヨコがついに「シン・ゴジラ」登場人物を描く 「嫁画伯筆、つまり実質上の公式」

ねとらぼ 8月18日(木)11時46分配信

 「シン・ゴジラ」庵野秀明監督の配偶者でマンガ家の安野モヨコさんが、シン・ゴジラに登場する長谷川博己さん演じる主人公の矢口蘭堂と、竹野内豊さん演じる赤坂秀樹を描いたイラストをTwitterに投稿して話題になっています。

【カヨコ・アン・パタースンが「赤いきつね」を食するイラストも】

 安野さんはこのイラストに「ついに描いてしまいました。赤坂補佐官とランドゥーヤグチ」とのコメント。ちなみに、右の矢口は内閣官房副長官、左の赤坂は内閣総理大臣補佐官という役柄。場面は、立場をわきまえない発言をしてしまいがちな矢口を赤坂が「いいな、忠告はしたぞ」とたしなめているところでしょうか。

 このイラストに対してTwitterでは「里見総理代理とかも需要はあります」「やややっややややややや安田くんも」「泣きそうな志村君もお願いします!」など、別の登場人物のイラストのリクエストが寄せられました。また、「嫁画伯筆、つまり実質上の公式」との解釈も。

 そのほか、市川実日子さん演じる尾頭ヒロミのイラストをリクエストする「尾頭さんを尾頭さんを是非!」という声も。尾頭ヒロミといえば、映画公開以来、人気がうなぎのぼりの登場人物。「安野モヨコ先生が尾頭ヒロミをアップされる日の事を考えると、今からRTといいねの数が怖い!」との反応も見られました。

 なお、その後のツイートで安野さんは、石原さとみさん演じるカヨコ・アン・パタースンが「赤いきつね」を食するイラストも投稿。

 安野さんは日系アメリカ人であるカヨコに、「さっすが おばーちゃんの国 うどんがうまい」と語らせています。後ろには「最後のいっこ…」「ていうか俺の…」とつぶやくチーム矢口=巨災対のメンバー2人。この日常感の絶妙さは映画を観た人なら分かるはず。

 今後、ほかのキャラの登場も期待できそうなので、「シン・ゴジラ」ファンは安野さんのTwitterから目が離せないところです。

最終更新:8月18日(木)11時46分

ねとらぼ