ここから本文です

<リオ五輪>テコンドー男子58kg級“銅”キム・テフンの父「息子は立派だ、ありがとう」

WoW!Korea 8月18日(木)16時9分配信

2016リオデジャネイロオリンピックのテコンドー男子58kg級で銅メダルを獲得したキム・テフン(22、東亜大)選手の父親キム・ヒソン氏(50)は「ありがとう」という言葉を繰り返した。

 キム・テフンは18日(日本時間)、ブラジル・リオデジャネイロのカリオカ・アリーナ3でおこなわれたテコンドー男子58kg級の3位決定戦で、メキシコのカルロス・ルベン・ナバーロ・バルデスに7-5で勝利し、銅メダルに輝いた。

 父親キム・ヒソン氏はキム・テフンが所属する東亜大学で、16強戦から徹夜で応援戦を繰り広げた。

 キム・ヒソン氏は「15日にテフンが22度目の誕生日を迎え電話で話したが、骨盤の負傷も回復しコンディションも良いと言っていた」とし、「大きな大会を控え、息子が緊張していると思い、怪我せずに頑張って来いと伝えた」と述べた。

 また、「最後まで諦めず、苦労に耐えた息子に立派だという言葉を送りたい」とし、「また、最後まで声援してくださった国民の皆様にも感謝したい」と伝えた。

最終更新:8月18日(木)16時9分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。