ここから本文です

シャロン・ストーン、ヌードもビキニも画像修正で炎上!

Movie Walker 8/18(木) 16:26配信

シャロン・ストーンが、ヴェネチアのビーチでバケーションを楽しんでいた際に、ビキニから乳首が露出して話題になったが、それ以上に過去の写真の修正が明らかになり、ネットで炎上する騒ぎになっている。

【写真を見る】修正が過剰すぎる?パパラッチされると別人のようなシャロン

シャロンは昨年「ハーパーズ・バザー」誌の9月号で、ティファニーのジュエリーだけを身につけたヌード姿を披露し、当時57歳とは思えない美しいボディだと絶賛された。

また今年8月上旬にシャロンは、自宅のプールでビキニ姿になってくつろいでいる様子をインスタグラムに投稿。ショットの角度もあるが、豊満な胸にくびれたウエストライン、引き締まった下半身は「58歳とは思えない抜群のプロポーション!」と話題になっていた。

それから2週間も経たないうちに、ヒョウ柄のビキニでビーチを歩いている様子をパパラッチされたシャロンの様子がデイリー・メール紙に掲載されたが、太ももにはセルライト、お腹は出ていないが、くびれたウエストラインはどこへやら。寸胴のでっぷりした体系は、自宅のプールで撮影した写真のシャロンとはまるで別人だ。

ソーシャルメディアの普及で、セレブたちが自撮りを公開する時代になっているうえに、今や画像修正もあたり前だ。

しかしネットユーザーは「これでも58歳にしては美しい」としながらも「シャロンってすぐに体型が変わるらしいし、昨年の雑誌の撮影前はボディを鍛えるために、お金をかけたに違いない。でも今回のビキニ姿は2週間でここまで変化するわけもないし、なんで恥さらしなことをするんだろう」「これが私のボディ!って自慢するなら、ちゃんと自己管理をしてほしい」「結局はお金よね」「自撮り修正ポスティングはやめるべき」「がっかりした」といった非難のツイートが飛び交っている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:8/18(木) 16:26

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]