ここから本文です

「攻めの廃線」で市とJRが前進…石勝線夕張支線[フォトアルバム]

レスポンス 8月18日(木)19時0分配信

夕張 鈴木直道市長とJR北海道 島田修社長は、8月8日、JR北海道本社で面談し、夕張線廃止へ向けて話し合った。両者同意にいたる“市の想い”とこれからを、40枚の写真(千歳線、石勝線、夕張支線、夕張市街)とともにつづる。

[関連写真]

「JR北海道とともに知恵を出し合いながらモデルをつくっていきたい」と切り出した鈴木市長は、「座して廃線を待つのではなく攻めの廃線」をJR北海道島田社長に提案。具体的に3つを願い出た。

ひとつは、「(JR側が同線廃止を決めたならば、今後整備する)複合施設の交通結節点などハード面での協力」、ふたつめは「JR北海道が所有する各種施設を市として使いたい施設があった場合、協力をしてほしい。必要性のない施設は、JR北の責任において対処を」。みっつめは、「JR北海道社員の市への派遣。(市長)自身が東京都からの派遣、いっしょにモデルをつくる」。

廃線のタイミングについて鈴木市長は「(今後整備する)複合施設が、2019年度供用開始を目指している。あわせて交通結節点の機能も必要。そのタイミングになるのではないか」と伝えた。

また夕張支線のあり方について市長は、「バス、タクシー、さらにJRが存在し、夕張支線がバス路線と並行して走っている。持続可能な公共交通はどういったものがベストかを考える時期。鉄道以外に、バス、タクシーの会社があるので、どうミックスして一番いい公共交通の形をつくっていくか、という議論になる」と述べた。

たとえば日中、新千歳空港から夕張へ、道東自動車道経由でクルマで向かうと所要時間は1時間。JRで特急「スーパーおおぞら」などを使って2時間。鈴木市長はこうも伝えている。

「夕張が先んじてモデルをつくろうと。夕張は財政破綻しているし、本当に厳しいところ。路線維持の基本的な収支のなかで、毎年1億6000万円の赤字を出していると。JR北海道のなかで廃線というカードを切れる状況にあること、高規格道路などが全体で整備され、北海道全体のJR利用頻度が少なくなっている現状の中で、それぞれが何をどうするのかを考えていかなければ」

写真は2013年8月下旬、新千歳空港からキハ40などを頼って夕張へ向かい、近隣高校に3時間ほど滞在し、その日に札幌へ戻ったときのもの。JR北と夕張市が、廃線に向けて前進したことについて、駅前「ゆうばり屋台村」のスタッフは電話で「もともとクルマの利用客が多い。そのまま放っておいても赤字続き。次の一手に期待したい」と話していた。JR北海道は9日、夕張市の提案をおおむね受け入れることを決めた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月18日(木)19時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]