ここから本文です

立川志の輔、新聞連載まとめたベストコラム集発売

お笑いナタリー 8月18日(木)17時23分配信

立川志の輔の著書「志の輔の背丈」(毎日新聞出版)が8月29日に発売される。

これは志の輔が1996年から18年間にわたり毎日新聞で連載していた「ピーピングしのすけのふしあなから世間」からテーマ別に74本を選び、加筆修正したベストコラム集。志の輔の単行本としては10年ぶりの単著となる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「マクラづくりの一環だと思って書いてきた」というコラムは「志の輔らくご」の素ともいえる内容。落語ファンのみならず目を通してみては。

立川志の輔「志の輔の背丈」目次
●ご挨拶、という名のまえがき●第一章 世間を見れば世間という名の勘違い / キューバを旅して / 空の彼方でUFOが笑う / まくらは限定のツイッター ほか●第二章 落語を感じてほしいから落語と社葬を結びつけた人 / 満月の日に、落語を能舞台で / パルコ、一ヵ月公演に挑戦 / 携帯はないけど、松茸はある村 ほか●第三章 縁に学んで小さん師匠とおしゃべりじいさん / 師匠談志の斬新なお歳暮術 / 鶴瓶師匠の即席豆知識 ほか●読んでいただき感謝、という名のあとがき

最終更新:8月18日(木)17時23分

お笑いナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。