ここから本文です

原因はホタテ貝ではなく「貝柱(イタヤ貝)」だった 元気寿司、A型肝炎蔓延でハワイ11店舗営業停止

ねとらぼ 8月18日(木)15時11分配信

 米・ハワイ州衛生当局は現地時間の8月15日、オアフ島、カウアイ島にある元気寿司11店舗の営業停止を命じました。

【子会社が営業停止命令を受けた元気寿司】

 元気寿司は、現在ハワイ州においてA型肝炎が流行しており、その原因について元気寿司の子会社店舗が輸入・提供している「貝柱(イタヤ貝)」である可能性が高いため、営業停止命令を受けたと発表。命令を受けた全店舗の営業を停止しています。

 また8月17日に元気寿司が公表した資料では「輸入冷凍ホタテ」が原因とされていましたが、8月18日に発表した第2報によると日本では「貝柱(イタヤ貝)」といわれる種類の貝が原因であることがわかったとのことです。

 衛生当局によると、問題の「貝柱」は「KOHA ORIENTAL FOODS」と「TRUE WORLD FOODS」によって流通しているもので、現在汚染された商品を調査する作業に入っています。

 また本件について日本の元気寿司本社に問い合わせたところ、どのような経緯でホタテ貝とA型肝炎の関連を調べたのか、「貝柱」の原産地や元気寿司以外の飲食店への流通については当局から連絡が入っておらず、不明とのことでした。ただし問題の「貝柱」については、日本の店舗には流通していないとしています。

 今のところ、元気寿司の「貝柱」を起因とするA型肝炎の被害状況など詳細な情報は入っていませんが8月12日、在ホノルル日本総領事館が「ハワイ州におけるA型肝炎の流行について」というページを公開。6月中旬以降、州内におけるA型肝炎感染者が168人となり、うち46人が入院による治療を必要としていることや感染者は全員が成人で、オアフ島居住または滞在した人であると発表していました。

 元気寿司は現在の状況について「店舗の清掃・消毒を進め、順次、ハワイ衛生当局の検査を受けているところであります。現在のところ1店舗検査が終了し、営業再開に向けて準備を進めております」としています。

(Kikka)

最終更新:8月18日(木)15時11分

ねとらぼ