ここから本文です

済州島訪問した観光客 最速で年間1千万人突破

聯合ニュース 8/18(木) 21:16配信

【済州聯合ニュース】今年に入って韓国・済州島を訪れた観光客が過去最速で1000万人を突破したことが18日、分かった。

 済州特別自治道観光協会によると、今年1月から今月17日までの訪問者は998万3801人。18日に約4万人が訪問したことで1000万人を突破した。1000万人突破は4年連続。昨年(10月1日)より44日早い大台達成となった。2013年は11月28日、14年は10月21日だった。

 今年の観光客のうち韓国人は768万3944人で前年同期比15.3%増えた。外国人は229万9857人で、同49.1%増加した。このうち中国人観光客は約195万人で同86.8%増えた。

 外国人観光客は昨年韓国で流行した中東呼吸器症候群(MERS)の影響が解消され、大幅に増加した。

 国内外での認知度が上がったことに加え、済州へ向かう路線の増加やマーケティングの強化などが観光客の増加を後押ししたとみられる。

 空路での訪問者数は約880万人、クルーズ船などの海路で約120万人が訪問した。

最終更新:8/18(木) 21:16

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。