ここから本文です

スジ(Miss A)、出演ドラマ「むやみに切なく」OSTの自作曲を今月25日に発売

WoW!Korea 8/18(木) 21:51配信

スジ(Miss A)がデビュー6年で初めての自作曲が、自身が出演するドラマ「むやみに切なく」OSTに収録されることになった。

スジ(Miss A)のプロフィールと写真

 KBSドラマ「むやみに切なく」側は18日、「スジが自ら作詞・作曲して歌った曲であり、『むやみに切なく』のOST Part.15である『いい時は』が今月25日0時に各音源サイトで公開される」と明らかにした。

 2010年にガールズグループ「Miss A」のメンバーとしてデビューしてから6年で初めて自作曲を発表するスジは、編曲を担当したシム・ウンジと共に作曲をして、感性あふれる音楽を作り上げた。

 「いい時は」は、ピアノと弦楽器の旋律にスジ特有の清楚で美しい声が調和しており、劇中のジュニョン(キム・ウビン)に対するノウル(スジ)のつらく切ない恋を表現している。

 スジは「いい時は短くて、すぐに過ぎてしまうからこそ、より大事だという内容を米用と思った。事実を知っても変わってしまう心、流れてしまう時間が戻ってくるのを願う気持ちも込められている」と説明した。

 続けて「以前に一人で作業しておいた2曲だったが、時間の静かさ、だからこそ大事だと感じるジュニョンとノウルの状況が、『いい時は』と合っていると思い、披露することになった」と特別な思いを語った。

 スジは7月に「むやみに切なく」最初のOSTとして軽快なリズムの「Ring My Bell」を歌い、注目を集めた。ノウルの切ない感情ともの悲しい気持ちを誰よりも分かっているスジが、自作曲を歌う「いい時は」に対する期待も高まっている。

 制作会社側は「胸が痛くなるような事情を隠したまま、活発なノウルを完ぺきに演じているスジが、自作曲『いい時は』でOSTに参加し、さらに視聴者の共感を呼ぶだろう。スジの美しい声とノウルの切ない感情が解け合った『いい時は』に期待を寄せてほしい」と語った。

最終更新:8/18(木) 21:51

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]