ここから本文です

北斗晶「最後かも」の家族セドナ旅でWレインボー

デイリースポーツ 8月18日(木)16時38分配信

 乳がん闘病中の北斗晶がパワースポットであるセドナ(米国)へ夫の佐々木健介と2人の息子と家族4人で旅行し、そこで「Wレインボー」に遭遇し、感動したことを写真とともに伝えた。

【写真】 北斗 結婚時は57キロだった…13キロ増も健介笑顔のお姫様抱っこにニンマリ

 今回の旅について「1年ぶりだし…パパの50歳の記念旅行でもあるし…多分、家族4人での夏の旅行は健之介の進路を考えると最後になるかもしれないし。色んな想いのある旅です」とさまざまな思いを抱き、パワースポットであるセドナを訪れたことを明かした北斗。

 セドナに到着すると、スコールが降り、サンセットで真っ赤に染まるセドナに「虹が出たんだよ~」と伝え、「奇跡を生みました」としみじみとつづった。

 北斗は「凄く縁起がいいらしいよ~それも…なんと、なんと…Wレインボー」と珍しいWの虹だったことを明かし、「このブログを観てくれてる全ての人に…luckyがあります様に。」と祈るようにブログを締めくくっていた。

最終更新:8月19日(金)11時58分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。