ここから本文です

人工知能が「利き酒師」に 次は「AIソムリエ」 伊勢丹で8月末から

ITmedia ニュース 8月18日(木)17時24分配信

 日本酒の好みを伝えると人工知能(AI)が学習し、ユーザーの味覚に合う日本酒を薦める――人工知能アプリを手掛けるカラフル・ボードが開発したサービス「AI利き酒師」が、伊勢丹新宿本店に8月24日から登場する。利用は無料。

【人工知能に日本酒をおすすめしてもらう手順】

 3種類の日本酒を試飲し、店頭のタブレットで「甘み」「酸味」「うま味「余韻」「コク」を5段階で評価すると、人工知能がユーザーの味覚を分析。その時のユーザーの気分や食べ合わせも考慮し、事前に用意した30種類の日本酒の中から、味覚に合った1本を選んでくれるという。

 8月24日に伊勢丹新宿本店地下1階の和酒売り場で提供を始める。9月14日からは同店のワイン売り場で、好みのワインを提案する類似のサービスを展開する予定。

 同社は、人工知能が個人のファッションの好みを学習し、コーディネートを考えてくれるアプリ「SENSY」を開発している。味覚の場合は同じ食品でも個人差があり、数値化が難しかったが、同アプリの技術を応用し、試飲の感想から好みを予測する方法を採用した。今後は酒類に限らず、さまざまな食品向けにサービスを提供する考えだ。

最終更新:8月18日(木)17時24分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]