ここから本文です

作新学院・入江が清原らに並ぶ3戦連発

デイリースポーツ 8月18日(木)17時10分配信

 「全国高校野球・準々決勝、作新学院3-1木更津総合」(18日、甲子園球場)

 作新学院(栃木)の入江大生内野手(3年)が、初回に左中間席へソロアーチを放った。初戦となった2回戦からこれで3試合連続の一発。浪商の香川伸行、PL学園の清原和博らに並ぶ選手権の大会タイ記録となった。

 栃木大会の決勝でも一発を放っており、これで“4戦連発”となった入江。「ホームランを打つコツとかはないですけど、とにかくフルスイングで」と言う。春まではエースとして背番号1を背負い、春季大会後に本格的に打者転向。「春にベスト8で負けて投手としての限界を感じた。今井に任せて、自分は打者の主軸になろうと思って」と明かす。

 練習後に1人でバットを振り、休日も「振り込み量が足りないので、とにかくバットを振った」と胸を張った入江。打者に転向してわずか3カ月半の男が、偉大なスラッガーたちに肩を並べた。

最終更新:8月18日(木)18時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報