ここから本文です

お口に入れると“相殺”!? 「ぷよぷよ」を再現した水信玄餅がかわいくて食べるのもったいない

ねとらぼ 8月18日(木)19時51分配信

 透明でぷるぷるした見た目で知られる、金精軒(山梨県北杜市)の餅菓子「水信玄餅」。こちらを家庭で、ゲーム「ぷよぷよ」のぷよぷよ風に再現してみた、という動画がニコニコ動画で人気となっています。かわいすぎて食べづらそうだ……!

【作り方を最初から見る】

 この「ぷよぷよ水信玄餅」を作ったのはMinlyさん。まずは白い寒天を使って目玉となる部分を作り、丸氷用の製氷器に並べ、餅の材料となる液体を流し込んでいきます。冷蔵庫で2時間冷やすと、見た目が「お邪魔ぷよ」そっくりな透明の餅が完成! ついでに赤・青・緑・黄・紫の食用色素を混ぜて、5色のぷよぷよも再現します。

 お皿に載せて揺らすとまるで生きているようにぷるぷる震え、ニコニコ視聴者からも「かわいいいい」「食うのもったいなさすぎ」「全然お邪魔じゃねぇ!」と悶える声が続出。いざ食べようとお邪魔ぷよの顔面にスプーンを差し込むと、「ばたんきゅ~」「うよよよ~」「げげげー」「相殺」など、ゲームおなじみのボイスを用いて餅の断末魔のアテレコが次々と書かれました。「ぷよぷよ」プレイヤーにはたまらないお菓子!

 餅をぷよぷよの形に固める際は、底が丸くなっている湯のみやお茶碗でも代用がきくとのこと。材料・分量や詳しい作り方の手順は動画で紹介されています。

最終更新:8月18日(木)19時51分

ねとらぼ