ここから本文です

広島・野村、7月22日以来の白星へ「試合をつくっていく」

デイリースポーツ 8月18日(木)19時10分配信

 広島の投手指名練習が18日、マツダスタジアムで行われた。19日から本拠地でのヤクルト3連戦に先発予定の野村、黒田、ヘーゲンズなどが参加した。

 初戦に先発する野村は、キャッチボールやダッシュなど軽めのメニューをこなし登板前最後の調整を終えた。チームメートのジョンソンと並びリーグトップの12勝をマークしているが、7月22日の阪神戦以来、約1カ月、白星から遠ざかっている。前回12日のDeNA戦(横浜)は、7回3安打2失点と好投しながら勝ち星はつかなかった。それで「前回はチームが勝ったのでね。回の先頭を抑えたり、点を与えても最少失点で切り抜けたりと、そういうことを続けていきたい。チームが勝てるように試合をつくっていく」と意気込んだ。

 第2戦の20日は黒田が登板し、第3戦の21日はヘーゲンズがマウンドに上がる。ヘーゲンズは前回14日のDeNA戦(横浜)は5回3安打1失点と、その役割を十分に果たした。今季2度目の先発に向け、ブルペンで35球を投げた助っ人は「中継ぎでも先発でも気持ちは同じ。1イニングを積み重ねていきたい」と前を向いた。

最終更新:8月18日(木)19時19分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]