ここから本文です

小室哲哉 SMAP解散に「残念です」

デイリースポーツ 8月18日(木)19時13分配信

 音楽プロデューサーの小室哲哉(57)が18日、都内で、世界的デザイナー・高田賢三氏(77)の新コレクション「セットプルミエ」バイ ケンゾータカダの発表会に登場。退出の際、SMAP解散について報道陣から向けられると、足を止めて、「残念です」とさみしさを募らせた。

 小室はかつてSMAPへ、アルバム「We are SMAP!」の収録曲「Trust」や、シングル「This is love」のカップリング曲「グラマラス」を提供している。

 また、小室は作詞・作曲を手掛けた、同ブランドのCMソング「レーヴ」(フランス語で『夢』)をステージで披露。「エレガント、ゴージャスの香りがテレビから流れていくように、力になれたらと考えました」と、曲に込めた思いを説明した。

 高田氏は、15年ぶりとなる新コレクションに花を添えた小室の書き下ろし曲に、「すごく明るくて、カワイイ感じで、さわやかでいいなと。うれしいです」とベタぼれだった。

最終更新:8月19日(金)18時45分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。