ここから本文です

日本ハムが5連勝 中田が決勝打 増井が6年ぶり先発勝利

デイリースポーツ 8月18日(木)21時9分配信

 「日本ハム6-1オリックス」(18日、札幌ドーム)

 日本ハムが5連勝。勝率では首位・ソフトバンクを上回れなかったが、貯金はソフトバンクより1つ多い26とし、ゲーム差は「マイナス0・5」となった。19日からはソフトバンクと直接対決を迎える。

 1-1の三回、中田が5試合ぶりの安打となる右中間適時二塁打で勝ち越すと、陽岱鋼、大野にも適時打が出て、この回3点を奪った。八回にはレアードが右越えに29号2ランを放ち、試合を決めた。

 先発の増井は7回1/3を投げて4安打1失点で4勝目(3敗、10セーブ)を挙げた。8月に先発に転向してから3試合目で、2010年以来の先発勝利を手にした。

 決勝打の中田はヒーローインタビューで「増井さんがずっといいピッチングをしてくれていたのに、勝たせてあげられなかったという歯がゆい気持ちで選手全員がいたので、何とかきょうは勝たせてあげようと、みんなが口に出して言っていた」と明かした。6年ぶり先発勝利の増井は「うれしいです。(チームメートが)僕を勝たせようと試合前から言ってくれていて、すごく気持ちが見えた。絶対自分も勝とうという強い気持ちになりました」と話した。

 オリックスは4連敗。先発・松葉が7回0/3、144球を投げて6失点で、8敗目(4勝)を喫した。

最終更新:8月18日(木)21時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)