ここから本文です

マーベル×Huluドラマ「Runaways」、ヴィランを親に持つ青年たちの戦い描く

映画ナタリー 8月18日(木)21時14分配信

マーベルコミックの「Runaways」がドラマ化され、Huluでストリーミングされると、マーベルの公式サイトで発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Runaways」は、それぞれの親がスーパーヴィランであると知った6人のティーンエイジャーが、その親たちに立ち向かうため団結し、特殊能力に目覚めていくさまを描く作品。ブライアン・K・ヴォーンが原作を、エイドリアン・アルフォナが作画を手がけた。

Huluで配信される「Marvel's Runaways(原題)」ではコミックをもとに、脚本と現場での指揮をドラマ「ゴシップガール」のジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージらが担当。シュワルツは「『Runaways』の長年のファンだったので、ブライアンたちのキャラクターに命を吹き込めるなんて、こんなにうれしいことはないよ」と、サヴェージは「ジョシュと私はマーベルとHuluで仕事をするのが待ちきれないわ」とコメントしている。

なお配信日や、日本語版などの情報は明らかになっていない。

最終更新:8月18日(木)21時14分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。