ここから本文です

巨人が接戦制す 長野が九回に決勝打 12試合連続安打も「言うと止まっちゃう」

デイリースポーツ 8月18日(木)21時19分配信

 「中日2-3巨人」(18日、ナゴヤドーム)

 巨人が勝って、試合のなかった首位・広島とのゲーム差を7に縮めた。1-2の六回、村田の右越え適時二塁打で同点。九回には2死走者なしから、代打・堂上が左翼線二塁打で出塁すると、長野が右中間へ適時二塁打。1点を奪い、これが決勝点となった。

 先発の今村が6回2失点。2番手で七回から登板した山口が2回無失点で今季初勝利(5敗1セーブ)。九回は沢村が無失点で31セーブ目を挙げた。

 決勝打の長野は、ヒーローインタビューで、これで12試合連続安打と好調だ、と水を向けられると、すかさず「そういうのを言うとね、止まっちゃうと思うんで、あんまり言わないで下さい」と苦笑した。

 中日は11カード連続負け越し。三回に一度は逆転したが、四回以降は得点できなかった。八回から登板した3番手の又吉が、2イニング目となった九回につかまった。又吉は6敗目(3勝)。

最終更新:8月18日(木)21時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報