ここから本文です

渡利璃穏は初戦で敗れる「金メダルを持って帰りたかった」

デイリースポーツ 8月18日(木)23時38分配信

 「リオ五輪・レスリング女子フリースタイル75キロ級・2回戦」(18日、カリオカアリーナ)

 日本の渡利璃穏(24)=アイシンAW=は初戦の2回戦で地元ブラジルのアリーネ・フェレイラに3-4の判定で敗れた。

 渡利は第1ピリオドを1-0とリードしたが、第2ピリオドでは世界選手権2位の実績を持つ相手に足技から4ポイントを奪われた。その後にバックを取って2ポイントを奪い返したが、追いつけなかった。

 渡利は63キロ級から2階級上の75キロ級に転向して五輪初出場を果たした。試合後は、「(相手は)力があるというの分かっていたので、組み手をしてタックルを取るという練習をやってきたが、取り切れなかった。ここで勝たないと今までやってきたことが意味がないので…。みんなが金メダルを取ってきて、みんなと金メダルを持って帰りたかったので情けないと思います」と語った。

最終更新:8月19日(金)1時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]