ここから本文です

ヴェルサイユ宮殿が監修!惣領冬実の「マリー・アントワネット」壮麗に開幕

コミックナタリー 8月18日(木)22時3分配信

惣領冬実の新連載「マリー・アントワネット」が、本日8月18日発売のモーニング38号(講談社)にて開幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「マリー・アントワネット」は18世紀のフランス国王ルイ16世と、その王妃マリー・アントワネットを描く歴史マンガ。惣領は愚鈍で気弱な夫と浪費家の悪女というイメージで語られることの多い2人の真実に焦点を当て、フランス革命に散った王と王妃の人生を明らかにする。

同作は史上初めて、ヴェルサイユ宮殿が監修を担当。衣装、建築、王宮儀礼など壮麗なロココ様式が紙上に再現される。第1話ではオーストリア皇女のマリア・アントニアが、14歳でフランス王太子妃マリー・アントワネットとしてフランスに引き渡される姿が描かれた。

最終更新:8月18日(木)22時3分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。