ここから本文です

タカマツペアが歓喜の金メダル!最終ゲーム16-19から大逆転

デイリースポーツ 8月19日(金)2時24分配信

 「リオ五輪・バドミントン・女子ダブルス決勝」(18日、リオ中央体育館)

 世界ランク1位の「タカマツペア」こと日本の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=ともに日本ユニシス=が金メダルを獲得した。バドミントンでは男女を通じて日本初の金メダルとなった。

 タカマツペアは決勝戦でデンマークのリターユール、ペデルセン組にゲーム数2-1(18-21、21-9、21-19)の逆転で勝った。

 第1ゲームを先取された日本だが、第2ゲームでは相手を圧倒し、最終第3ゲームへ持ち込んだ。

 第3ゲームは10-10から日本がポイントを取り、インタバールに入った。終盤は16-19の劣勢から、日本が連続5ポイントを奪い、歓喜の瞬間を迎えた。

 試合後のタカマツぺアはまだ金メダルの実感がわかない様子も伺わせた。松友は「第1ゲームは私が良くなかったが、第3ゲームではやってきたことを出そうと思った」と語り、高橋は「競った場面から追いついた場面では、こういうときは私たちの方が強いと信じて戦った」と激戦を振り返った。

最終更新:8月19日(金)4時15分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]