ここから本文です

安田弘之「ちひろ」「ちひろさん」が雑誌で特集、森下くるみらが作品を語る

コミックナタリー 8月18日(木)23時28分配信

安田弘之「ちひろ」および「ちひろさん」が、発売中の点線面vol.1で特集されている。

風俗嬢・ちひろの物語「ちひろ」と、彼女が海辺の弁当屋で暮らす模様を描いた続編「ちひろさん」。特集では「生きづらさを感じる心に効く―― 漫画『ちひろ』『ちひろさん』の世界」として約80ページにわたる特集が展開された。

特集では同作が「お守りのような存在」だったという森下くるみと安田による対談や、作品の愛読者である写真家の植本一子、恋愛関連の著書も多いAV監督の二村ヒトシらによる寄稿のほか、「ちひろ語録」「安田弘之年譜」などで作品の魅力を掘り下げている。

ポンプラボが編集および発行を行う点線面は、小部数で発行されるリトルプレスにつき販売される店舗が限られている。取り扱いの有無など、詳細は近くの書店で確認しよう。

最終更新:8月18日(木)23時28分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。