ここから本文です

タカマツペア バドミントンで初の「君が代」に涙

デイリースポーツ 8月19日(金)4時37分配信

 「リオ五輪・バドミントン・女子ダブルス決勝」(18日、リオ中央体育館)

 女子ダブルス決勝が行われ、高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=が、デンマークペアを2-1で下し、日本バドミントン界初の金メダルを獲得した。

 表彰台の一番上で聞く「君が代」が胸に染みた。試合直後も号泣していた高橋が再び感極まると、試合後は笑顔だった松友の瞳にも涙がにじんだ。これまで女子ダブルスは中国のペアが圧倒的な強さを誇ってきた。

 「私たちもずっと中国のペアを目標にしてやってきた。バドミントンで『君が代』が聞ける日がくるとは思ってなかった。自分がやっておいて、あれですけど(笑)。世界のトップを目指してきたので本当にうれしかった」と、松友。高橋も「本当に1番になったんだなって思った。バドミントンで『君が代』が流れるのは本当にすごいこと」と、感慨に浸った。

最終更新:8月19日(金)5時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]