ここから本文です

吉田沙保里は銀メダル、4大会連続の金ならず号泣「取り返しのつかないこと」

デイリースポーツ 8月19日(金)5時47分配信

 「リオ五輪・レスリング女子フリースタイル53キロ級・決勝」(18日、カリオカアリーナ)

 吉田沙保里(33)=フリー=が、決勝でヘレン・マルーリス(米国)に1-4の判定で敗れ、58キロ級の伊調馨に続く五輪4大会連続の金メダルはならなかった。

 吉田は2014年3月に逝去した父・栄勝コーチ(享年61)へ手向けの銀メダル獲得となった。第1ピリオドを1-0とリードしたが、第2ピリオドで相手に4ポイントを奪われた。

 吉田は初戦の2回戦でナタリア・シニシン(アゼルバイジャン)に4-0、準々決勝でイザベル・サンブ(セネガル)に9-0、準決勝でベトサベト・アルゲリョ(ベネズエラ)を6-0のいずれも判定勝ちで決勝へ進んでいた。 

 吉田は試合後、マットの上で10秒以上は動けない状態となった。ようやく立ち上がると、大粒の涙をこぼしながら応援席へ向かって両手を重ねながら頭を下げた。

 その後にインタビューマイクを向けられ、「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルに終わってしまい、申し訳ないです。日本選手の主将として金メダルを獲らないといけないのに…ごめんなさい」と話した。

 また、決勝での敗因を問われると、「自分の気持ちが、最後は勝てるだろうと、取り返しのつかないことになって…」と声を振り絞った。

 家族からは「泣かんでいい、大丈夫。ここまで連れてきてくれてありがとう」と言われたことを明かした吉田だが、「遠いところまで来て日の丸を振って応援をしていただきながら、最後は自分の力が足りなかったです」と無念の気持ちを表した。 

最終更新:8月19日(金)10時50分

デイリースポーツ