ここから本文です

夢アド『金メダル男』で5人そろって映画初出演 セーラー服でJK役

オリコン 8月19日(金)12時0分配信

 5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンスが10月22日に公開される映画『金メダル男』で全員そろっては初めてとなる映画出演を果たすことが、わかった。同映画はお笑いタレント・内村光良が監督、初の原作・脚本・監督・主演を務めており、“全員かわいい”と話題の夢アドの5人は主人公の通う高校の女子生徒役として可憐なセーラー服姿を披露している。

映画『金メダル男』に出演するムロツヨシ、土屋太鳳ら

 物語はとにかく金メダルが欲しい! なんでもいいから1等賞をとりたい! あらゆるジャンルで1等賞になることだけを生きがいにする男・秋田泉一こと“金メダル男”が、何度失敗しても立ち上がり、とことん“一等賞”に挑み続ける姿を描いたエンターテインメント作品。アイドルグループ・Hey!Say!JUMPの知念侑李が内村とともにW主演を務めている。

 失敗続きだった中学生時代からの再起を図るため「表現部」を立ち上げたものの、自作の俳句や絵画や舞を中庭で表現する“変わり者”として扱われていた泉一(知念)は、文化祭で披露した「坂本龍馬 その生と死」の舞で一躍注目を浴びる。彼女たちは、泉一の人生の転機となる物語の重要なシーンに登場し、舞を披露した泉一に拍手喝さいを送る女子高校生役を熱演している。

 メンバーの志田友美は全員での映画出演をかなえ「とてもうれしかったです! 女子高生役として、楽しく演技させて頂きました! 夢アドファンの方にも、この5人が同じ学校だったら最高だよね!と言われることがあるので、ぜひ皆さんに観ていただきたいです! ぜひ私たちの演技にも注目してください!」と大満足。“内村監督”の印象には「幼い頃からテレビで観ていた、お笑いの方としての内村さんと全く同じで、笑顔が素敵で気さくに話しかけてくれる、とっても優しい一面と、撮影になった時の真剣な表情とのギャップが素敵でした!」とコメントしている。

最終更新:8月19日(金)12時0分

オリコン