ここから本文です

野宮真貴&横山剣がチークダンス 信藤三雄監督“フレンチ渋谷系”「男と女」MV

オリコン 8月18日(木)14時36分配信

 歌手・野宮真貴とクレイジーケンバンドの横山剣がデュエットした「男と女 [en duo avec 横山剣 de クレイジーケンバンド]」のミュージックビデオ(MV)が公開された。

【動画】野宮真貴&横山剣がデュエット「男と女」 MV

 同曲は1966年に公開されたフランス映画『男と女』製作50周年記念の公式サポーターソング。「ダバダバダ…」のスキャットで有名な映画の主題歌に小西康陽が訳詞を付け、野宮と横山がカバーした。

 MVの監督は、野宮と小西が所属していたピチカート・ファイヴら「渋谷系」ミュージシャンのアートワークを一手に担っていたアート/映像ディレクター・信藤三雄氏が担当。映画の舞台となった北フランス・ドーヴィルを想起させる海辺で撮影された野宮のイメージシーンと、スタジオでの歌唱シーンで構成されている。

 全編モノクロの映像は、「フレンチ渋谷系」をビジュアルで表現したしたもの。海辺を歩くシーンは映画の一場面を抜き出したようなテイスト、歌唱シーンでは2人が体を寄せ合ってチークダンスに興じるなど、大人の男と女を演じている。

 同曲は、「フレンチ渋谷系」をテーマに選曲した楽曲を渋谷系アレンジでカバーした野宮のアルバム『男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』(31日発売)に収録。アルバムは“パリの渋谷系”クレモンティーヌらとの初レコーディング曲も収録した「スタジオ録音盤」、昨年のビルボードライブを収録した「ライブ録音盤」の2枚組で構成されている。

最終更新:8月18日(木)14時36分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。