ここから本文です

後藤真希、デビュー記念日に17年前のモー娘。加入時を回想

オリコン 9月9日(金)11時10分配信

 元モーニング娘。の後藤真希が9日、自身のブログを更新。17年前の9月9日に「LOVEマシーン」でデビューしたことにちなみ、その当時のことを振り返った。

【画像】後藤真希のデビュー曲「LOVEマシーン」ジャケット写真

 後藤はオーディションに受かったときに、人生で初めて「嬉し泣きを経験する事が出来ました」と回想。合格を母に報告すると「すっごい、すーっごい喜んでくれて、お母さんまで嬉し泣きしてて、そんなお母さんを見るのも初めてで、表面的には照れ笑いをしましたが、内心とても感動しました」と17年前を思い返した。

 ただ、メンバーに加入した直後から厳しいレッスンが始まり、「食事や睡眠もなかなかとれず、最初3週間で7キロ痩せちゃったり 今まで気にする事もなかった肌荒れとかもあったり、大好きだった勉強もなかなかうまくいかず、両立させる事がこんなにも大変だとは思っていなかったので、中学2年の私にはとても辛かったです」と当時の心境を吐露。

 しかし、歌が大好きだという思いを胸に「怒られながらも振り付けを無我夢中で覚え続けたり、歌詞をひたすら何度も繰り返し暗記したりして、コンサートに向けて必死に頑張ってました」と苦難に立ち向かったという後藤。初めてステージに経った時の感想を「あっという間すぎて、頭真っ白で、ペンライトが綺麗だった、位しか記憶になかったかも。心臓が飛び出そうでした」とつづった。

 また、ファンをはじめ「つんくさんやスタッフさん達や家族に感謝ですね。メンバーの皆にも、力不足で迷惑かけちゃったりたくさんあったけど、いつも同じステージに立てる事が出来て感謝です」とこれまで支えてくれた人たちに感謝の言葉を送り、「まだまだ当時の思い出いっぱいありますが、あり過ぎて伝えきれないのでここまでにしますね!」と結んだ。

 後藤は99年9月に13歳でモーニング娘。に加入し、2002年9月23日の17歳の誕生日に卒業。ソロアーティストとして活動し、11年12月より芸能活動を休止。14年6月に活動を再開し、同年7月に3歳下の一般男性と結婚、15年12月に第1子となる女児を出産した。

最終更新:9月9日(金)11時31分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。