ここから本文です

『ラブベリー』表紙に“中学4年生” 私立恵比寿中学・中山莉子が初登場

デビュー 8月19日(金)7時0分配信

 中学から高校生のためのビューティー&ファッション誌『LOVE berry(ラブベリー)』のvol.3が20日に刊行。専属モデルである“ラブモ”6名が決定した。『vol.3』の表紙には、モデルの関りおんとともに、アイドルグループ・私立恵比寿中学の中山莉子が初登場している。

【写真】『ラブベリー』モデルの写真

 『LOVE berry vol.3』表紙は、女子中高生の圧倒的な支持を受けるカリスマモデル「関りおん」と、ラブベリーの中で一番女子力が高いと言われる、アイドルグループ『私立恵比寿中学』の“りったん”こと中山莉子が表紙に初登場する。

 15歳の『LOVE berry』世代である中山莉子は「私は今年の春から中学4年生(エビ中だけに)って、本当は高校1年生なんだけど、こうしてラブモに選んでいただけて、本当に本当にうれしいです。じつはすぐ緊張しちゃうタイプで、撮影のたびにたくさんの人がいてドキドキしているんだけど、なんとか可愛い姿をみなさんにお届けできるようにがんばります! 今はがむしゃらに、アイドルやモデルのお仕事をがんばる毎日。いつか、胸を張ってみなさんに伝えられる“夢”を見つけようと思っています。のんびり&ほんわりとした中山莉子ですが、ラブベリーとともに、好きになってください。よろしくお願いします!」と挨拶している。

 なお専属モデルの「ラブモ」には。HKT48チームH/AKB48チームB兼任の矢吹奈子(15歳)、HKT48チームHの田中美久(14歳)、Dream5の大原優乃(16歳)ら現役アイドルも抜擢。誌面には元乙女新党の其原有沙、長谷川愛里、マジカル・パンチラインの佐藤麗奈、わーすたの三品瑠香らもモデルとして登場している。

 そのほか中ページには、次世代のアイドルやかわいくなるために努力している読者の憧れとなる女子が、全国都道府県から55名登場。次世代のモデルやスターを探す人にも見逃せない内容になっている。

最終更新:8月19日(金)7時0分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。