ここから本文です

この1年で最も稼いだDJ/EDMアーティスト・トップ10

BARKS 8/19(金) 12:34配信

アメリカの経済誌『Forbes』が、この1年世界で最も稼いだDJのランキングを発表した。2015年6月から1年間のDJとしての収入だけでなく、ライブ・コンサート、マーチャンダイズ、アルバムの売り上げ、投機的事業などを集計。トップに輝いたのはカルヴィン・ハリスだった。

◆カルヴィン・ハリス画像

プライベートでは交通事故に遭ったり、ガールフレンド、テイラー・スウィフトと別れるなど順風満帆とはいかない1年だったが、仕事は順調。4年連続で同ランキングの1位を獲得した。カルヴィンは、ラスベガスで定期的にDJを行なっているが、一晩で40万ドル(約4,000万円)を手にするそうだ。前年より300万ドル落ちたが、2位のティエストを大きく引き離し、首位を独走している。

『Forbes』誌が発表した<World's Highest ?Paid DJ: Electronic Cash Kings 2016>は――

1.カルヴィン・ハリス 6,300万ドル(約63億5,000万円)
2.ティエスト 3,800万ドル(約38億2,800万円)
3.デヴィッド・ゲッタ 2,800万ドル(約28億2,000万円)
4.ZEDD 2,450万ドル(約24億6,800万円)
5.スティーヴ・アオキ 2,350万ドル(約23億6,700万円)
6.ディプロ 2,300万ドル(約23億1,700万円)
7.スクリレックス 2,000万ドル(約20億1,500万円)
8.カスケイド 1,900万ドル(約19億1,400万円)
9.マーティン・ギャリックス 1,600万ドル(約16億1,200万円)
10.Dimitri Vegas & Like Mike 1,550万ドル(約15億6,100万円)

女性では、ナーヴォが1,000万ドル(約10億円)でトップだったという。

Ako Suzuki

最終更新:8/19(金) 12:34

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]